DryFoodAir ドライフードエアードライフルーツメーカー・ディハイドレータ

¥19800

(税込) 送料込み

36
コメント

商品の説明

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
DryFoodAir ドライフードエアードライフルーツメーカー・ディハイドレータDryFoodAir ドライフードエアードライフルーツメーカー・ディハイドレータ

商品説明

【本体サイズ】(幅)487mm×(奥行)358mm×(高さ)300mm

【内側サイズ】(幅)350mm×(奥行)280mm×(高さ)230mm

【庫内内容量】25L

【本体重量】5.82kg(付属品と包装資材含まない)

【オーブンモード電力】1200W

【乾燥モード電力】200W

【送風モード電力】7W

【温度設定】乾燥(送風機能も併用してご使用頂けます。):30度~68度、オーブン:100度~230度

【デジタルタイマー設定】24時間設定可

定価49500円

数回使用しただけてすが

自宅保管のため気になる方は購入をお控えください。

ローフードも、マクロビもこれ1台。

ドライフードエアーは、食品乾燥機能とオーブン機能を1台に搭載した多機能調理器です。

電磁波を大幅カットした安全設計で、オーブン機能も付いています。

ローフード(乾燥野菜、ドライフルーツ、ビーフジャーキ―など)やペットフードのほか、

通常のオーブン機能を使うとパンやケーキ、クッキー、ピザ、グラタンなども簡単に作れます。

ドライフードエアーには乾燥機能に便利なクイックモードがあります。クイックモードを押すだけで最初の3時間を68度で乾燥し、その後自動的に48度に温度が下がり、さらに12時間乾燥を行う機能です。食品は水分があるため最初の3~4時間は68度で乾燥をしても食品自体の温度は48度を超えません。そのため酵素は損なわれません。また短時間で水分を蒸発させることによりカビや細菌の繁殖、食品の腐敗を防ぐことができます。

従来のディハイドレーターは消費電力が400W~600Wのものが主流でランニングコストがかかっていました。ドライフードエアーは、ディハイドレーター使用時の消費電力を最少の200Wに抑えました※。さらに送風機能のみの使用の場合は7Wとランニングコストが大幅に削減できます。




もっと見る

商品の情報

カテゴリー
商品の状態
やや傷や汚れあり
配送料の負担
送料込み(出品者負担)
配送の方法
らくらくメルカリ便
匿名配送
発送元の地域
未定
発送までの日数
1~2日で発送

メルカリ安心への取り組み

お金は事務局に支払われ、評価後に振り込まれます

出品者

スピード発送

この出品者は平均24時間以内に発送しています

コメント (0)

この商品を見ている人におすすめ